そもそも性病検査とは

そもそも性病検査とは

性病検査とは、検査を受けることで、性病であるかどうかを判断することができる検査です。性病の種類はたくさんありますが、検査を受けることで、性病の種類を特定することができますから、その後の治療がスムーズに進むことと思います。

 

性病検査の方法

検査の方法としては、血液検査や尿検査、患部に付着している粘液を綿棒などでこすることで行われます。血液検査や尿検査のみであれば、保健所でも可能となりますが、のどの粘膜や、女性のおりものなどをこすり、粘液を採取する場合には、専門の病院にいかなければいけない場合もあります。人によっては、性病に感染しているのが、1種類ではなく、複数の性病に感染してしまっている事もあるため、性病検査を行う場合には、血液検査に尿検査、そして粘膜を擦る検査と全て行う方が良いでしょう。
自覚症状がある場合、病院に通うことで、性病検査を行う場合が多いのですが、自覚症状が全くない場合、パートナーの感染を機に性病検査を行うという人もいるのですが、自分自身に自覚症状がないため、発見が遅れてしまう事も多いとされています。
かゆみや痛み、発熱などの症状が出ていると、その症状を緩和させたいがために、病院へ出向くことが多いかと思いますが、自覚症状がないことで、自分自身が性病に感染しているという事に気が付きにくく、気が付いた時には、たくさんの人を感染させてしまっているという場合もありますから、不特定多数の人と性交渉を行う人は、頻繁に性病検査を行いましょう。

関連ページ

性病検査はどこで行うのか
性病検査を受けようと思った時に困る人が多いのが『どこで検査を受ければいいのか』ということ。病院で受けられるだろうことはなんとなく分かりますよね。それ以外にも実は様々な方法で性病検査は可能です。
性病検査にかかる費用とは
想像しにくい性病検査の費用。実は保険の適応外になることが多く、想定外の出費になることもすくなくありません。そんな性病検査の費用を確認しましょう。
性病検査に保険は適用となるのか
性病検査は風邪の受診と同じ感覚で行くと驚くことになります。なぜなら、風邪やその他の病気とは違い”保険が必ずしも適応されるとは限らない”からです。
性病検査を受けるタイミングとは
性病検査を受けるには最適なタイミングがあります。というのも性病は感染行為を行ってから少なくとも2〜4週間経ってからでないと検査の意味がないからなんです。
性病検査の結果がでるまでの期間
性病かも…と不安になったら感染しているかどうかすぐに確認したくなりますよね。検査から結果が出るまでにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか?