性病のコトを深く知ることが予防・治療の第一歩

性病のコトを深く知ることが予防・治療の第一歩記事一覧

性病になってしまう事で、必ずしも自覚症状が出るわけではありませんが、自覚症状として性病ではないかと思われる症状としては、陰部のかゆみやいたみ、分泌物が増えて来た場合や、膿のような物が出て来た時、ブツブツや、イボ状の物が出てきた時や、風邪の症状ではないようだけれど、喉の調子が悪い状態が続いている時や、性交渉をすると、痛みが出る場合、リンパが痛い場合や、高熱が続いている場合など、性病の自覚症状となりま...

性病の中には自覚症状が出ない物もたくさんあります。自覚症状が出ない性病ほど、怖いとされており、自覚症状がないため、他の人との性交渉にためらいがなく、周りの人にうつしてしまっている可能性が高くなります。自覚症状が全くないという性病もあれば、人によって、若干感じる程度である場合である性病もあり、気が付いていても、症状が軽いため、そのまま放置してしまう人も多いのです。命の危険があるにも関わらず、自覚症状...

性病は、性交渉を通して感染することが多いため、男性、女性、両方ともにかかってしまいます。性病の種類によっては、女性の感染率が少ないとされている性病もあるのですが、実際には、自覚症状が出ていないだけで、女性でも男性でも同じように性病にかかってしまいます。男性の性病の特徴男性の場合、性器が自分の目で確認しやすいため、イボやぶつぶつなどができていると、すぐに変化に気が付きやすいのですが、女性の場合、パー...

女性が性病ではないかと考える場合、陰部にかゆみやいたみが出てしまった場合や、いつもと、おりものの感じが違う事に気が付くと、性病ではないかと思う人が多いとされています。ですが、下腹部痛の痛みや、性交渉の時に痛みが生じてしまうような性病もありますし、陰部にできものができてしまうような場合もありますから、今までとは違うと感じた場合には、性病検査を行い、性病に感染していないかを確かめる必要があります。女性...

性病は、基本的には、性交渉を行う事でうつります。性交渉といっても、様々な性交渉があるかと思いますが、男女の普通のセックスでうつるという事はわかるかと思いますが、性器を口で舐めたり、肛門を利用して性器を出し入れするような行為でもうつりますし、素股と呼ばれる、性器同士をこすり合わせて行う性交渉でもうつります。感染の可能性は0ではないことを意識して!性病の中には、非常に強い菌を持っている場合もあり、梅毒...