男性の性病

男性の性病を知りましょう

性病は、性交渉を通して感染することが多いため、男性、女性、両方ともにかかってしまいます。性病の種類によっては、女性の感染率が少ないとされている性病もあるのですが、実際には、自覚症状が出ていないだけで、女性でも男性でも同じように性病にかかってしまいます。

 

男性の性病の特徴

男性の場合、性器が自分の目で確認しやすいため、イボやぶつぶつなどができていると、すぐに変化に気が付きやすいのですが、女性の場合、パートナーに指摘されるまで、イボやしこりができてしまっている事に気が付かないという人も多いとされています。自覚症状がなく、自分でも気が付きにくいため、女性の方が、性病に気が付かない場合が多く、性病の感染率は男性の方が多いという統計になってしまっているのです。ですが、女性であっても、感染をしていれば、性病検査を行えば症状が出ていなくても、陽性反応となりますから、パートナーが感染している場合には、性病検査により、感染していないか、チェックをする必要があります。

 

男性特有の性病

男性特有の性病としては、亀頭包皮炎と呼ばれる、皮の部分に起きてしまう炎症があるのですが、原因は細菌となりますから、性交渉で感染してしまう事はありませんが、陰部は普段とは違い、炎症が起きている事で、過敏な状態となっているため、性交渉をする事は控えましょう。清潔にしていると起きにくい症状であると言われています。亀頭包皮炎は、性病検査では陰性となりますが、症状が表れた場合には、泌尿器科で治療をする必要があります。

関連ページ

性病の自覚症状
多くの場合、性病感染に気が付くのは”痛みや痒み”といった自覚症状が出た場合です。当然ながら性病の種類によって症状も異なります。自分が何の性病に感染しているのかを知ることは検査・治療をスムーズに進めるためにも非常に重要です。
無症状の性病
性病の中には感染していても症状として現れないものもあります。症状が現れないからと放置してしまう人もいますが絶対にやめてください!知らない間に重症化しているケースもあります!
女性の性病
性行為によって感染するのが性病ですが、男性と女性では同じ性病であっても異なる症状の場合があります。女性の場合、体力の低下により膣内の細菌バランスが崩れ、性行為の有無に関係なく症状が出ることもあります。
性病に感染する行為とは
性病は性行為をはじめとした粘膜の接触によって感染します。最近ではオーラルセックスの一般化により性器だけでなく喉への感染も増えています。