日本で多い性病を知る

日本で多い性病を知る

日本で非常に増加傾向である性病としては、クラミジアです。

 

クラミジアにはご注意を

クラミジアは、自覚症状が表れない人もいるため、そのまま放置してしまい、新たな感染者を増やしてしまっている傾向です。
医師から処方してもらった薬を服用することで、比較的簡単に直すことができる性病となっていますが、放っておくと、不妊症になってしまう事もありますから、注意が必要です。
性交渉を頻繁に行う人の方がかかる確率が高いのですが、高校生などにもクラミジアに感染している人は多くなっており、近年増加傾向の性病となっています。
挿入することで感染するだけではなく、口を利用してセックスを行う、オーラルセックスと呼ばれる物や、肛門を利用するセックスの場合にも、感染しますし、喉にも感染しやすい性病となっているため、性病としては、感染しやすくなっていますので注意が必要です。
性病を防ぐためには、パートナーと一緒に性病検査を受ける事が大切ですが、普段の性交渉の時には、コンドームを利用することを忘れないようにすることも大切です。オーラルセックスや、濃厚なキスでもうつってしまうため、コンドームだけでは、確実な予防とはならないのですが、コンドームだけでも、性病の感染を防ぐことができる確率は非常に高くなりますから、高いお金を出して、性病検査を頻繁に行う事よりも、毎回の性交渉でコンドームを使用する方が、確実に安く済むでしょう。性病検査で陽性と出てしまった場合には、パートナーと一緒に治療を開始しましょう。

関連ページ

性病になる人の割合とは
実は性病に感染してしまったという人は意外と多いのです。特にその割合は男性よりも女性の方が多いと言われています。
命にかかわる性病と妊娠にかかわる性病
命にかかわる性病として最も一般的なものがHIVです。かつてドラマになったこともあり記憶に残っている方もいることでしょう。しかし、日本ではHIVに関する知識はまだまだ低いと言わざるを得ません。
治らない性病とは!?
性病には様々な種類のものがありますが、その中には現代医学では治療法の無い病気もあります。無知ゆえにそのような性病に感染しないように、正しい知識を持つようにしましょう。